横浜山手にあるキリスト教・プロテスタントの教会です。週の第7日目である聖書の安息日(土曜日)を聖日としています。
皆さまのお越しをお待ちしております。

インフォメーション

1月25日 11:00
安息日礼拝
藤田昌孝牧師

『妨げのうちに』
 聖書:ローマ1:8-17
希望の讃美歌:27, 378

瞑想の言葉
「神の助けの必要を最も深く感ずる者が、その助けを嘆願するとき、聖霊はイエスを一目見させて、その魂を力づけ、高めてくださる」
『各時代の希望Ⅱ』213頁

安息日礼拝ライブ

(2020年度配信開始予定)


アクセス


横浜市中区山手町32
045-651-2836

◆JR根岸線 石川町駅南口
(元町側)下車 徒歩8分

◆JR根岸線・横浜市営地下鉄
  桜木町駅より
市営バス21・
  99・101・105・106系統
  麦田町下車 徒歩5分
 

セブンスデー・アドベンチストとは

  セブンスデー・アドベンチスト教会は、キリストにあらわされた”神の愛”を人々に伝え、神が人類への救いを完成されたこと、人は誰でも信仰によってその救いを受けることが出来る、とのメッセージをすべての人に伝える働きをしています。

 セブンスデー・アドベンチスト教会は、人々のさまざまな必要にこたえる活動を通してキリストの愛を実践したいと努めています。

 宗教改革以来プロテスタント 教会の教えの中心である「聖書を基準とする」、「信仰によって救われる」という点についてはどの時代において変わることはありません。

 『センブスデー』は”第7日”を表し週の第7日目である土曜日(安息日)を聖日として、神の創造を記念し人類に救いと命を与えられる神のみ業をほめたたえる教会であることを示します。

 『アドベンチスト』は聖書の重要な教えである”キリストの再臨(アドベント)”を待ち望む人々を意味しています。

 セブンスデー・アドベンチスト教会は現在、世界200を越える国々に置かれ信徒の数は約1,500万人に達しています。 
                         

横浜教会の沿革

1896年 宣教師WCグレンジャー、大河平輝彦長老横浜港上陸
1927年 文書伝道者上平長吉が横浜に伝道者として着任
1930年 教会組織
1934年 中区本牧1丁目に教会堂を建立
1945年 空襲により教会堂全焼
1950年 現在地中区山手町に教会堂を新築
1954年 三育幼稚園開園
1983年 新教会堂完成
1993年 保土ヶ谷集会所設立 

牧師からのメッセージ

  
SDA横浜キリスト教会牧師
  藤田 昌孝
セブンスデー・アドベンチスト横浜キリスト教会は、聖書の教えに忠実でありたいと願う教会です。地域に根差し、神様と人とのつながりを大切にした家庭的な教会を目指しています
是非一度お訪ねくださいませ。
土曜日は9:30から聖書研究、
11:00から礼拝をしております。
どなたでもご参加いただけます。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

安息日学校ガイド
(2020年Ⅰ期ダニエル書)

facebook

SDA横浜教会facebook

QRコード